『NetLEDシステム』あいちトリエンナーレ イベントに採用

2013-09-17

『NetLEDシステム』が、名古屋で開催されている「あいちトリエンナーレ」のイベントで採用される事となりました。



■イベント名 都市とシンクロする1,000人の提灯行列 / 高橋匡太《Glow with City Project》
■内容 都市の建築物をライトアップする光と、人々の持つ光をシンクロさせるプロジェクト
■開催日 2013年9月21日(土)・22日(日)18:30~19:30
■システム概要 新型NetLEDエンジンを組み込んだ「RGBユニット」を提灯の中に仕込んでバッテリー駆動。 千人が掲げる提灯のLEDを、モバイル化した「NetLEDゲートウェイ」で調色コントロールします。 また同時に『オアシス21』、『愛知芸術文化センター』、『白川公園科学館プラネタリウム』の建築物、『長者町通り沿いの看板』も、クラウドサーバ経由でDMX信号をコントロールし、ライトアップの同期を図ります。 これらはすべてアーティスト高橋匡太氏が持つ、iPhoneアプリ「NetLEDコンソール」にて、シーンコントロールされます。 NetLEDの特徴であるクラウドサーバを経由した、大規模な無線照明コントロールを行う事は世界初の試みとなります。 イベントシステム図 WS000000


Copyright© 2010-2016 NetLED Co.,Ltd All Rights Reserved.